みんなよい顔

動画制作中

このおはなしの目当て
子どもたちが、顔のかたちでニックネームをつけられたり、わる口をいわれたりして、劣等感さえもつことがある。しかし顔はそれぞれ特長があるもので、自信をもって、おたがいに愛しあうことのよさを強調してみたい。
読み聞かせのポイント
ぶた、山羊、猿が鏡を見て、自分の顔に、がっかりする場面は、声を落としてその気分を出してください。山奥で、おじいさんにあうところは、声をはずませて、その喜びを出してください。

おはなし

 ひろいひろい野原に、一軒の家がありました。
 その一軒家には、おじいさんがひとりですんでいました。
 おじいさんは、ひとりぼっちだけれど、さびしいことはありません。おじいさんの家には、ブー、ブー、ブーのブタと、メー、メー、メーのヤギと、キャッ、キャッ、キャッのサルが、飼ってあったからです。
 ぽかぽか、お日さまの照っている暖かい春の日に、おじいさんは、えんがわに出て、ウツラウツラ、居眠りをしていました。
 そこへ、おじいさんの飼っている ブタとヤギとサルがやって来ました。
 「おやおや、おじいさんが、こんなところで眠っているよ。さあ、起こしてやろう」
 ブタとヤギとサルは、かわるがわる、おじいさんのせなかを、コツ、コツ、たたきました。

 「ブー、ブー、おじいさん」
 「メー、メー、おじいさん」
 「キャッ、キャッ、おじいさん、起きてくださいよう」
 おじいさんは、目をさましました。
 「うわあ、よく眠った。おお、かわいいブタとヤギとサル、お前たちが起こしてくれたのだな」
 ブタとヤギとサルは、おじいさんのからだに、からだをすりつけるようにしながらいいました。
 「おじいさん、ぼくたちね、おじいさんに聞きたいことがあるんです」
 「ほほう、どんなことかね、なんでも聞いてごらん」
 すると、ブタが、ブー、ブー、ブー、息をはずませながら聞きました。

 「おじいさん、ぼくねえ、ぼくの顔を見たことがないけれど、このブタの顔は、人間の顔に、にていますか」
 「うん、ブタの顔か……。どこが人間ににているかな……。あ、そうだ、顔に毛がすくなくて、ツルツルしているところが、人間ににているよ」
 「わあ、このぼく、このブタの顔のツルツルしているところが、人間ににているんですか……。人間ににている、人間ににていて、うれしいなあ」
 すると、ヤギが、おじいさんの顔に、あごをすりよせていいました。
 「おじいさん、このヤギの顔は、人間ににていませんか」
 「うん、ヤギの顔……。そうだ、ヤギの顔も、いつかは、このおじいさんのように、あごひげがはえてくるよ、それが人間ににている」
 「わあ、このぼくの顔も、あごにひげがはえて、人間ににてくるの……。人間ににている、人間ににていて、うれしいなあ」
 すると、こんどはサルが、口をとがらせながら聞きました。
 「では、おじいさん、このサルの顔は、どうでしょう。人間ににていませんか」
 「おお、サル、サルは、顔のかたちが、人間にとてもよくにているよ」
 「わあ、いいなあ、このサルの顔が、人間ににているって、人間ににていて、うれしいなあ」
 ブタもヤギもサルも、じぶんの顔は、一度も見たことがありません。でも、その顔が、人間ににていると聞いて、大よろこびでした。

 ある日のこと、おじいさんは、町から大きな鏡を買って来ました。
 「ああ、この鏡を見たら、うちのブタもヤギもサルも、自分の顔がよくわかるだろう」
 おじいさんは、その鏡をえんがわの柱にかけておきました。
 しばらくすると、そこへブタがやって来ました。
 豚は、鏡をみてびっくりしました。
 「ブー、ブー、おや、この顔、だれだお前は」
 ブタは、鏡というものを知りませんでした。鏡にうつっているのが、ブタの顔であることも知らずに、おどろきました。
 「むこうに、変な顔のものがいるぞ。なんだ、あの顔、鼻が上をむいて、口がとんがって変な顔だなあ……。お前はだれだ」
 その声を聞いて、おじいさんが、部屋の中からいいました。

 「おお、ブタ、それがお前の顔だよ、お前が鏡にうつっているのだよ」
 ブタは、がっかりしました。
 「なあんだ、これがぼくの顔か、いやな顔だなあ。鼻が上をむいて、口がとんがって、いやな顔だ、ああ、いやな顔だ」
 ブタは、力をおとして、小屋の方へいってしまいました。

 しばらくすると、ヤギが、鏡の前に立ちました。
 ヤギも鏡を知りません。鏡にうつっているのが ヤギの顔とも知らずびっくりしました。
 「わあ、変な顔のものがいるぞ……。頭に角がはえて、あごがとんがっている。あれはだれだろう」
 ヤギは、大きな声でいいました。
 「こらっ、お前はだれだ」
すると、部屋の中から、おじいさんの声がしました。

 「ヤギよ、それがお前の顔だよ。お前の顔が、鏡にうつっているのだよ」
 ヤギも、がっかりしました。
 「チェッ、これがぼくの顔か。角がはえて、あごがとんがって、いやな顔だ」
 ヤギも、力をおとして、小屋の方へいってしまいました。

 しばらくすると、鏡の前にやって来たのはサルです。サルも鏡を知りません。鏡にうつっている顔が、サルの顔とも知らず、大声をはりあげました。
 「キャッ、キャッ、変な顔のものがいるぞ……。まっかな顔で、ひたいにしわがいっぱいある……。こらっ、お前はだれだ」
 すると、部屋の中から、おじいさんがいいました。
 「サルよ、それがお前の顔だよ。お前の顔が、鏡にうつっているんだよ」
 サルも、がっかりしました。
 「ああ、これがぼくの顔か。まっかな顔で、ひたいにしわがいっぱい……。ああ、いやな顔だ」
 サルも、力をおとして小屋の方へいってしまいました。

 小屋に集まったブタとヤギとサルは、もう、すっかり元気がなくなってしまいました。
 「ブー、ブー、このブタの顔、ツルツルしていて、人間ににていると思っていたのに、鼻が上むいて、口がとんがっていて……。いやんなっちゃったあ」
 「メー、メー、このヤギの顔も、ひげがはえていて、人間ににていると思っていたのに、角がはえていて、あごがとんがっているんだもの、ああ、がっかりした」
 「キャッ、キャッ、このサルこそ、顔は人間ににていると思いこんでいたのに、まっかな顔に、ひたいにしわがいっぱい、悲しくなっちゃった」
 ブタもヤギもサルも、みんな考えこんでしまいました。
 しばらくすると、サルが、なにか思いついたように、ハッとして立ちあがりました。

 「ねえ、ぼくたち、山へいってしまおう。山にはブタの仲間も、ヤギの仲間も、サルの仲間もいるんだよ。ぼくはサルだから、サルの仲間と暮らした方が、はずかしくなくていいと思うんだよ」
 「ブー、ブー、ぼくもブタの仲間といっしょになった方が、はずかしくないだろうな」
 「メー、メー、そうだ、ヤギはヤギの仲間にはいった方がよさそうだ」
 ブタとヤギとサルは、山へ行くことにきめました。
 このとき、サルが、さみしそうな顔をしていいました。
 「ねえ、みんな、おじいさんと別れるのは、悲しいねえ。おじいさんには、もう会えないから、そっと、おじいさんの顔を見ていこう」
 ブタもヤギもサルも、おじいさんのいる部屋を、そっと、のぞいてみました。
 おじいさんは、机にもたれて、ウツラ、ウツラ、居眠りをしていました。
 ブタもヤギもサルも、おじいさんのそばに来て、おじいさんの顔をのぞきこみながら、ささやきました。
 「おじいさんは、ほんとに、やさしいよい顔をしているねえ。人間の顔って、ほんとによい顔だねえ……。では、おじいさん、さようなら」
 それでも、おじいさんは、居眠りをつづけています。
 とうとう、ブタとヤギとサルは、山へいってしまいました。

 しばらくすると、おじいさんが目をさましました。
 「ああ、よく眠った。……おや、いつも元気な、ブタやヤギ、サルの声がしない、どうしたのだろう……」
 おじいさんは立ちあがって、小屋をさがしてみましたがいません。
 「おや、どうしたのだろう。ブタもヤギもサルも、どこかへ遊びにいったのかもしれない」
 おじいさんは、ブタ、ヤギ、サルたちの帰るのを待っていましたが、一日たっても、二日たっても帰ってきません。

 おじいさんは、心配して、山へさがしに出かけました。
 「ブー、ブー、ブーのブタやーい。メー、メー、メーのヤギやーい。キャッ、キャッ、キャッのサルやーい」
 おじいさんは、杖をついて、トボ、トボ、歩いて、山おくへはいっていきました。
 「ブー、ブー、ブーのブタやーい。メー、メー、メーのヤギやーい。キャッ、キャッ、キャッのサルやーい」
 おじいさんは、つかれて歩けなくなってしまいました。
 森の中の大きな木の下に、すわりこんでしまったおじいさんは、呼びつづけていました。
 「ブタやーい、ヤギやーい、サルやーい」

 そのときです。
 山おくの森の中にきていたブタとヤギとサルは、おじいさんの呼ぶ声を聞いて、びっくりしました。
 「あっ、おじいさんの声だ、おじいさんだ、おじいさんだ」
 みんな、おじいさんのそばにかけよってきました。
 「おじいさん、おじいさん」
 「おお、おお、ブタ、ヤギ、サル、どうしてお前たちは、こんな山へきてしまったのだ……。え、どうして、わたしの家から逃げだしたのだ」
 「ブー、ブー、ごめんなさいおじいさん、このブタの顔は人間の顔ににていません。だから山へきてブタの仲間にはいろうと思ったんです」
 「メー、メー、ヤギも人間の顔とちがいます。それで山へきてヤギの仲間になろうとしました」
 「キャッ、キャッ、キャッ、サルもそうなんです。山のサルの仲間になってしまおうと思ったんです」
 これを聞いたおじいさんは、じっと、考えこんでしまいました。
 それから、静かにいいました。

 「ブタよ、ヤギよ、サルよ、わたしはなあ、お前たちがいなくなってさみしくて、会いたくて、たまらなくなったんだよ。お前たちは、どうであったか」
 すると、みんな、かわるがわるいいました。
 「ブー、ブー、おじいさん、ぼくたちもそうです。山へきたけれど、おじいさんに会いたくなりました」
 「メー、メー、おじいさん、おじいさんとお別れしたら、悲しくて泣いてばかりいました」
 「キャッ、キャッ、おじいさん、ぼくたち人間ではないけれど、やさしいおじいさんが大好きです。いつまでも、おじいさんのそばに、おいてください」
 これを聞いて、おじいさんが、にっこり笑いました。
 「ああ、いいとも、いつまでもいっしょに、暮らすことにしよう……。長い間、いっしょに暮らしていると、どんな顔をしていても、好きになるものだよ……。なあに、みんな、よい顔をしているよ。そら、ブタはブタの顔を、ヤギはヤギの顔を、サルはサルの顔をしている、それでよいのさ……。わしは、お前たちが大好きだよ。さあ、家へ帰ろう」
 ブタも、ヤギも、サルも、おじいさんといっしょに、山をおりていきました。