「それでは、
おはなしをしましょうね」

ドキドキハラハラ、ワクワク。
あははは! わぁ…。ねぇ、それからそれから?
話を聞く子どもたちの表情はくるくると変わり、
まるでものがたりの中にいるみたい。
めぇめぇ、ワンワン、ビュー、ゴゥゴゥ。
読み手が声で臨場感を加えると、
子どもの豊かな感受性は、部屋の中から大きく飛び出して、
高く、遠く、どこまでも広がっていく。
さあ、読み聞かせを「聞かせよう」
そして、みんなで読み聞かせを「してみよう」。
良いことをした人が幸せになり、平和が訪れる。
そんなしあわせのものがたり。
まずは著者である出村孝雄の声による読み聞かせを、お届けします。

読み聞かせのイメージイラスト1
読み聞かせのイメージイラスト2
読み聞かせのイメージイラスト3
読み聞かせのイメージイラスト4
読み聞かせのイメージイラスト5

出村孝雄の
読み聞かせ童話

Coming Soon.

読み聞かせ童話、動画も順次公開します。どうぞお楽しみに!

  • 負けたっていいの
    ウサコちゃんはコンタと綱引きをして負けましたが、平気でニコニコしています。次の日ワンキチとかけっこをして負けましたが、やっぱり笑っていました。また次の日、ワンキチとコンタが象の水おけにのぼる競争をしようといい、また負けました。ところが勝った二人が水おけに落ちてしまい……。
    おはなしを読む 
  • やせたやぎ
    ライオンの王さまの庭でみかんを盗んだオオカミは、ヤギの家に逃げましたが、見つかってしまったので、ヤギを巻き添いにして二人ともろうやに入れられました。ろうやの中でオオカミは、毎日ヤギのご飯も食べてしまいデブデブに太りました。ヤギはとてもやせましたがいいことを思いついたのです……。
    おはなしを読む 
  • 歯が抜けた
    強欲なジャックとお嫁さんの家に、おじいさんがきて鍋の肉がたべたいといい、お礼に角の数だけねがいをかなえるふしぎなずきんをくれました。おじいさんを村境まで送ると馬が動かなくなり、怒って「この馬死んでしまえ」というと馬が死んでしまいました。口に出す事が次々に実現して……。
    おはなしを読む 
  • さらわれたタロちゃん
    海べの村にタロちゃんという赤ちゃんがいました。ある時、タロちゃんのお母さんは、海で貝に挟まれて困っていたサルを助けます。その頃、村には大わしが動物をさらいにきていました。ある日とうとうタロちゃんが大わしにさらわれてしまいました。さあ大変、お母さんはわしを追って山にきました……
    おはなしを読む 
  • 星の子キラス
    病気で寝ているマコちゃんのおかあさんが虫の音を聞こうと縁側を開けると、空から宇宙船がやってきました。乗っていたのは星の子キラス。マコちゃんとお母さんはキラスに驚きましたが、よい子だとわかりました。キラスは病気のおかあさんに薬をくれました。そのかわり虫が欲しいというのです……
    おはなしを読む 
  • 柿の葉っぱ
    青い小さなかえるが柿の木に登り、喉が渇いて困っているとやさしい柿の葉っぱがしずくをくれました。強い風からも守ってくれました。やがて秋になって寒くなり、柿の葉っぱが赤くなるとかえるは別れを告げ、土の中にもぐります。思いやりのある葉っぱは仲間と一緒にかえるの上に散って……
    おはなしを読む 
  • 池に落ちたモグラ
    ある日池にモグラが落ちてしまいますが、コイやフナ、メダカがカメに頼んで助けてあげました。しばらくたってから日照りが続き、だんだん池の水がなくなってくるので、池に住んでいる魚たちはどんどん元気がなくなってきました。そのときどこからか声が聞こえてきました……
    おはなしを読む 
  • ヨシノ島とキラス
    ヨシノ島は船乗りの島です。ある日マコトちゃんとユミコちゃんが浜でキラスという星の子に会います。キラスはこの島に住みたいというので、船主のおうちに頼みに行きましたが、断られ、キラスは星に帰ってしまいます。ある晩、船が帰ってこないというのです。みんな泣いていると……
    おはなしを読む 
  • シカのめがね
    目のよく見えないシカがいました。友だちはカエルだけです。ある晩、お腹のすいたヤギに残り少ない野菜をごちそうし、お礼にめがねをもらいます。めがねをかけたので、目が見えないのをいいことに、いつもシカのご飯を盗んでいた野ねずみを退治できました。しかし野ねずみはめがねを盗みに……
    おはなしを読む 
  • せなかの落書き
    ブタノ村で毎日すいかを盗んでいたトンタは、警察署が犯人を探していることを掲示板で知ります。そこで、子ブタのブタロウに罪を着せようと寝ているブタロウのせなかに落書きをします。それを知ったブウスケおじさんは、眠ったトンタのせなかに同じ落書きをしました。やがて雨が……
    おはなしを読む 
  • 赤ざると青ざる
    いつも神さまの側にいる赤ざると青ざるはけんかばかり。そこで神さまは2人を山に飛ばしましたが、山でもけんかばかり。山が緑になると青ざるが、紅葉すると赤ざるがいばりました。やがて寒い冬が来ると葉が落ち、2人はくっついて温まっているうちに仲良くなりました。そこへ神様がきて……
    おはなしを読む 
  • お金の神さま
    山おくの動物の村にお金持ちのブタキチがいました。ある日、きつねのコンタが、贅沢が大好きなブタキチを困らせようと、お金を2階から巻くように提案します。するとみんなはブタキチをお金の神さまといって崇めました。いい気持ちになってどんどん巻くうちにお金がなくなって……
    おはなしを読む 
  • 駅のストーブ
    「幼稚園前」という小さな駅のロバの駅長さんが、お客である幼稚園の生徒たちのために大きなストーブとテツビンを置きました。ある日ストーブとテツビンが自分たちはつまらない存在だと話します。でも子どもたちがストーブとテツビンをみて大喜び。園長先生もストーブとテツビンの役割を話すと……
    おはなしを読む 
  • みんなよい顔
    野原の一軒家に住んでいるおじいさんが飼っているブタ、ヤギ、サルは人間の顔が大好き。ある日自分たちの顔が人間に似ていないのを知ってがっかりし、家を出て仲間のいる山に行ってしまいました。おじいさんはいなくなった3人を探しに山へ行きます。懸命に探しているおじいさんを見つけ……
    おはなしを読む 
  • 山びこ
    いつもたべた後に何かおねだりをする癖のある三ちゃん。ふしぎなおじいさんがおいしいものがたくさんあるという「なにか山」に連れて行きます。でもそこで「何かあ」とさけんでも帰ってくるのは同じ声。いくつも山を越えていくうちにお腹が空いてしまい、おにぎりをもらいます……
    おはなしを読む 
  • 鐘がなる
    大みそかの夜に、お寺の畑から大根を盗んだコンキチ、ポンタ、クマゾウはおしょうさんに見つかりますが、おしょうさんは叱らずにおもちをごちそうします。おもちで力がついた3人は除夜の鐘を突きに行きますが、1人ずつついてもいい音が出ません。おしょうさんが3人でつくようにいうと……
    おはなしを読む 
  • ぬすまれた鯉のぼり
    山羊の子ヤギオちゃんがオオカミに捕まってしまい、毎日泣いていました。オオカミはある日おみやげに鯉のぼりを持ってきました。おうちを思い出してもっと泣いているヤギオちゃんを置いてオオカミが出ていくと、そこへヘリコプターが現れます。ヘリコプターは実は鯉のぼりでした……
    おはなしを読む